【 増やし方 】つみたてNISAの正しい始め方

スポンサーリンク
この記事がピッタリな人
  • これから投資をはじめようと思っている人
  • 投資に興味がある人
  • 投資をすでに始めている人
  • 将来のお金に不安がある人
スポンサーリンク

つみたてNISAとは

つみたてNISAとは、
2018年1月からスタートした長期積み立て分散投資における非課税制度 です。

たとえば100万円の投資信託を購入し200万円になったので現金化しようとすると、
利益の100万円に対し約20%の税金がかかります。
つまり20万円差し引かれ手元には元本と利益を合わせた180万円が残ります。

これがつみたてNISAの制度を利用した場合、この20万円が差し引かれないため(非課税)200万円まるまる手元に残りますよ、となるのです。

つみたてNISAは年間最大40万円までの投資および期間20年間 と決まっています。

将来の資産形成をする上ではとても重要な制度ですのでぜひ読んで活用してください。

つみたてNISAを始める前に

この記事を読む前に以下のことを確認してください。
記事(1つ1つの記事はサクッと読めます)を参考にされるといいと思います。

【 増やし方 】投資はするべきなのか
→ 自分にとって「 投資は必要! 」と結論が出たら次は…
【 増やし方 】老後資金準備 考え方編
→ ここで投資の考え方を学び、
【 増やし方 】老後資金準備 具体策編
→ ここで「 インデックス投資を始めたい! 」となった方はこの記事がどんぴしゃですヽ(^o^)丿

いよいよスタートしましょう!!

つみたてNISAを始めよう!

まずつみたてNISA( 投資信託 )を始めるためには『 証券口座 』というものが必要です。

これは銀行にお金を預ける際の銀行口座と同じ感覚で、
投資信託(株や債券の詰め合わせ)を置いておくための口座が必要になります。

証券口座を作成すると、
さらにその中で「一般口座」「特定口座」など種類がありその1つに「つみたてNISA口座」があります。銀行口座で言う「普通預金口座」「当座預金口座」「定期預金口座」みたいな感覚ですね。

この証券口座は基本的に証券会社を介して作成します。

手軽さや手数料、選べる商品の幅など総合的に見て
『 楽天証券 』『 SBI証券 』
このいずれかのネット証券で口座開設
してください。

もし現在つみたてNISAをすでに始めていてネット証券ではない、
または銀行でつみたてNISAを始めたという方はネット証券に変更できる方法があるので今すぐ切り替えるべきです。

ちなみに楽天証券はクレジットカードを使用した積み立て設定が可能で以前までは楽天証券激推しだったのですが(→投資信託をしながらポイントが貯まるという理由)、
どうやらSBI証券でも2021年6月より三井住友カードで投資信託が買えるようになるらしいのでどちらでもOKです。

ただ僕は現在楽天証券で積み立てNISAを行っているので楽天証券で解説します。

絶対に揃えるべきはこの3つ

  1. 楽天会員登録
  2. 楽天カード(クレジットカード)
  3. 楽天証券口座

です。順番に解説します。

①楽天会員登録

まずはここからです。すでに会員の方は飛ばしてください。
まだの方は こちらから 登録が可能です。メールアドレスさえ持っていれば1分で作れます。

②楽天カード(クレジットカード)

楽天証券でつみたてNISAを始めるとき楽天カードは絶対持っておくべきです。
前述したように楽天クレジットカードを用いて投資信託を購入すると1%ポイント還元されるので、
積み立てNISA満額の年間40万円で設定した場合、
月33,333円の購入となり毎月333円のポイント、つまり年間3,996ポイント獲得できる
ことになります。

すでに持っている方はそれを使い、まだ持っていない人はまずは楽天カードから作りましょう。楽天カードを作るうえでのポイントも解説します。

楽天カードのベストな作り方

① 2月、5月、8月、12月を狙うべし

楽天カードは申し込むと最初にポイントが付与されます。
基本は5,000ポイントですが2月、5月、8月、12月は8,000ポイントプレゼントのタイミングがありますのでこのタイミングがいいです。
タイミングを逃した方はそれ以外の月は毎月7,000ポイントのキャンペーンがあるのでそこで申し込みましょう。
詳しくは公式サイトをチェック 

② ポイントサイト経由でカードは作るべし

【 稼ぎ方 】副業のススメ の中の「 ポイ活 」の部分でも少し解説していますがこれも必須です。まずは楽天カードを作ろうと思ったタイミングで、
『 ポイントサイト案件比較検索/どこ得? 』 で「 楽天カード 」と検索。

最も高い報酬のサイトを経由するようにしましょう。大体8,000~10,000円分のポイントはもらえます。

ポイントサイトは会員登録を行い、ちゃんとそのポイントサイト経由で楽天カードを作成することをお忘れなく。年会費無料の楽天カードを作成しただけで20,000円近くのポイントGETです。

以上、楽天カード作成時には最低この2点だけは抑えておいてください。

③楽天証券口座

ここでも2点ほど口座開設のポイントがあります。

① 友だち紹介してもらってから口座開設すること

周りで楽天証券の口座をすでに開設している人がいたら紹介してもってから作りましょう。
お互いに若干のポイントがもらえます。

② スタートボーナスにエントリー後に開設すること

「楽天 スタートボーナス」で検索すると出てきます。ほとんどずっとキャンペーンをしていますのでエントリーしてから口座開設しましょう。こちらも開設のみで若干のポイントがもらえます。

いよいよ楽天証券の口座開設です。
楽天証券での口座開設を簡単にスマホ1つで完結させたいならマイナンバーカードがあると便利です。なければ免許証と健康保険証などが必要になります。

口座開設申し込みが完了すると郵送でIDが送られてくるのでそれを改めて登録するとやっと口座開設ができます。

どの投資信託を買えばいい?

ここまでたどり着いた方の現在地(例)を確認すると、
楽天会員になって楽天カードも届いて楽天証券の口座開設も完了した。
つみたてNISAで老後のためにこれから毎月33,333円を25年間インデックス投資するぞ!

という方が多いですかね?

ここで最後に決めなければいけないことは「 なんの投資信託を買うか 」です。
数多くの種類がありますので “これにしておけば間違いない!” というものをご紹介します。

それが『 eMAXISSlim全世界株式(オールカントリー)』です。
全世界への分散投資が行われ、手数料なども業界最安値。投資の軸にするにはド定番です。

他にも『 eMAXIS Slim米国株式(S&P500)』といったアメリカの有名企業500社に絞ったものも人気でこちらでもいいですがまずは世界分散から始めてみるのがいいかなぁと個人的には思います。

では最後にスマホでつみたてNISAの積み立て購入設定をする流れだけご説明して終わります。

① まずはインターネットで『 楽天証券 』を開く(アプリはありません)

②「 投資信託を探す 」を押すし「 e 」と入力

③『eMAXISSlim全世界株式(オール・カントリー)』の右端にある『∨』を押す

④ そうしましたら枠が広がるので下にある『 つみたてNISA積立注文 』を押す

⑤「 楽天クレジットカード決済 」でお手持ちのカードを登録し「 次へ 」

⑥ 積立金額を33,333円とし「 次へ 」で、その後暗証番号等を打てば完了!

分配金コースは「再投資型」を選択しておけばOKです。
1年の途中から始める場合で年間40万円の枠を使いたい場合はオプションの増額設定で追加設定をしてください。クレジットカードでの決済は月5万円が上限なのでそれを超える場合はクレジットカードと証券口座からの引き落としとなります。

以上、本日はここまで!!

コメント